Wagon&One boxをもっとスポーティーに!! 柿本改マフラー『GT box 06&S』
◇ご希望のシリーズをお選び下さい →→→
GT box 06&S 単体画像
GT box 06&S スペック

GT boxならではの中低速でのトルクを大切にしつつ高回転域にも目を向けた、よりスポーティなモデル。
その名は、GT box 06&S - ジーティーボックス・ゼロロクエス - 。

より安心なJASMA認定版のGT box第2弾、GT box 06&Sが誕生した。
もちろん、単に『安心』なだけのマフラーではない。
そんなマフラー、つまらないではないか。
JASMA基準内に音量を納めることだけに目を奪われるのではなく、柿本改らしいエキゾーストシステムの醍醐味を楽しめる味付けをいかに行うか、それが今回のテーマだ。
Wagon&One Box専用モデルGTboxのコンセプトを引き継ぎ、中低速でのトルクとクイックなレスポンスを実現しつつ、音はJASMA基準を満たす。
柿本改ならではの音質も健在。
よりスポーティーさを演出するために高回転でのレスポンスを若干強調し、軽量化にもこだわった。
スタイル面においてもよりスリムな砲弾型・斜め跳ね上げで柿本改独自のチタンフェイステールで迫力満点。
性能・スタイル共によりスポーティーさを強調。
ストリートでよりスポーティーに!スポーツ走行重視の走り屋出身Wagon&One Boxユーザーにはもってこいの一品だ。

■よりスポーティに。
中低速のトルクだけでなく、高回転域にも目を向けたGT box。

”GT box 06&S”は一言でいうと、スポーティな”GT box”だ。
では、Wagon&One boxにおけるスポーティさとは?
このカテゴリーのユーザーの使用用途の大半はストリート走行となってくる。仮にサーキット走行を行うような場合は確かに高回転を重視し、最高出力を求めるようなエキゾーストの味付けが最適ではあるが、砲弾型のレース仕様マフラーではどうしても中低速のトルクが落ち込んでしまい、ストリート走行ではストレスを感じてしまう。
柿本改が提案したGTboxというカテゴリーはWagon&One boxを楽しむというのがコンセプト。
一般的に車重が重く、NAのAT車が大半であるWagon&Oneboxでストリート走行を楽しむには、高回転も無視できないスポーティ仕様とはいえ、やはり中低速でのトルクとアクセルを踏み込んだ時のクイックなレスポンスが重要なポイントとなってくる。
「中低速でのトルクを確保し、hyper GT box Rev.よりも高回転でのレスポンスを強調」これが、GTbox 06&Sの開発テーマだ。
メインサイレンサーはより高回転を重視するためにさらにスリムに。
しかし、これにより音量の制御は非常に困難となってくる。インナーサイレンサーによる消音は今回は行えない。インナーサイレンサーを用いれば容易に消音は行える上、中低速が扱いやすくなるという面もあるが、排圧がかかりすぎ、本来持っている高回転域での性能を完全に出し切る事が出来ないというデメリットがあるのだ。 また、インナーサイレンサー装着を前提としたマフラーにおいて、インナーサイレンサーを外すと、音量は大きくなり中低速が扱いにくくなってしまう。そこで、スポーツカー用に開発したパワーレデューサー&内燃機構造、(車種によっては中間タイコ)を採用することにより適切は排圧をコントロールし、中低速のトルクとクイックなレスポンスという高い性能の確保と効果的な消音を可能とした。
これらの形状や有無は、hyper GT box Rev.よりも高回転でのレスポンスを良くするために採用したよりスリムなメインタイコの形状とのバランスを考え、中低速のトルクも確保できるように各車種において何度もテストを行い決定した。
小容量砲弾型マフラーでありながら性能を犠牲にすることなく音量をJASMA基準内に抑え、Wagon&One boxのよりスポーティーな走行に最適な高機能マフラーの発売が可能となった。

■「音」は性能。

マフラー交換時の音の変化、それはマフラーを選ぶ際の重要なポイントのひとつだ。今回も柿本改サウンドは健在。
こだわりぬいた性能は美しい音を作り出している。2006年以降も安心して使っていただけるJASMA基準を採用。(JASMA認定済み)
一味も二味も違う柿本改ならではのセッティングを是非味わい、長く愛用して下さい!

■軽量化にこだわった。

車重があるWagon&OneBoxでスポーツ走行を行う際、当然、軽量化は無視できない。
クルマが軽くなれば、運動性能がUPするだけでなく、燃費の向上にもつながるのだ。
GT box 06&Sは軽量化にもこだわった。
ステーは中空タイプ、フランジ・メインパイプも薄肉で軽量な材料を採用。高回転を強調するためによりスリムにしたメインタイコは軽量化にも大きく貢献。側板、鏡板などのタイコの部品自体も薄肉を採用し、テールは1.0mm以下という超薄肉。更に、薄肉素材を採用しながらも強度面においても十分考慮。
軽量性と耐久性のバランスがちょうどいい肉厚を選択し、耐久性UPの為に、例えば、超薄肉のテールはカールをすることで耐久性・安全性のUPといった柿本改ならではの工夫がその他各部にも施され、軽量性・耐久性を両立した仕上がりとなっている。

■スタイルもスポーティにこだわった。

マフラー交換の醍醐味の一つ、忘れてはならない重要な要素。それはルックスだ。
虹色に輝く超薄肉のカールテールには柿本改オリジナルのチタンフェイス(特許出願中)処理を施した。非常に美しく、迫力も満点。キレイなだけでなく焼けにくく、焼けても従来のものに比べ、くすみづらく美しさを損ないにくい特徴を持つ。
GTbox 06&Sのテールは1mm以下の薄肉材使用という、よりくすみやすい条件下にあるため、この処理は非常に有効だ。
そして何よりも、115φ、テール80φのスリムな砲弾型タイコは性能・軽量性といった性能面のみならず、スポーティーでスタイリッシュ。
振り角は、Wagon&Oneboxのリアビューにマッチした極端すぎない斜め跳ね上げを採用。

■オールステンレス・フルTig溶接

メインパイプ・メインサイレンサーのみならず、ステーやサイレンサー内部などの見えないところに至るまで高級ステンレスを採用。
耐久性に配慮している。
シャープに光るビジュアルは最高。スチール製と違い、長年使用した後にも、磨くことにより新品のような光を再現することも可能だ。
表面の溶接は全てうろこ模様の美しい高価なTig溶接を施した。
スタイルと品質、どちらもこだわりぬいた。

ラインナップ